2020年より必修化!今話題のプログラミングを学ぼう!

・難しいプログラミング言語は使わず、プログラミング的思考力・集中力・想像力(創造力)を育みます。
・自分で、シナリオやゴールの方法を考え、オリジナルのゲームを作ってみんなで遊んだ り、指示をあたえてロボットを動かしたりと、楽しみながら学べます!

1クラス最大4名までの少人数個別レッスンだから、聞きたいことがその場で聞けます!

女の子にも大好評!子どもも大人も、どなたでも受講していただけます☆

■講座内容

■MITが開発したプログラミング学習用ソフトScratch(スクラッチ)でゲームを作って学びます。
Makeblock社が提供するSTEM教育向けロボット教材「mBot」でロボットに指示を出し動かして、学びます。
■その他にも教材を用意しております。
■マウス操作やタイピングが不安な方でも安心。
必要に応じて、マウス操作やタイピング練習も行います(漢字・地図・魚の名前などタイピングしなが ら学べます)

【Scratch(スクラッチ)とは?】

アメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボが開発したプログラミング学習用ソフトで、Scratchを使った教育学習に注目が集まっています。
Scratchは様々な言語に対応しており、世界のプログラミング教育で最も使われているソフトです。


「プログラミング」というと黒い画面に淡々と文字を打ち込んでいく様子を想像される方が多いと思います。

業務で行われるプログラミングはそのイメージどうりです。しかし子ども達がプログラミングを学ぶ上では、業務レベルで使われているプログラミング言語は、理解が難しく扱いづらいものです。

Scratchは、目で見てわかりやすい「ビジュアルプログラミング」という形式が採用されています。
わかりにくいプログラミングの命令を「ブロック」とよばれるイラストに置き換え、まるで積み木で遊ぶかのように楽しく簡単にプログラミングをすることができます。
プログラミングで命令を与える対象物にはキャッチーなイラストがたくさん使われていて、子どもたちの興味をひき飽きないように工夫されています。


【mBotとは?】

中国のMakeblock社が提供するSTEM教育向けロボット教材です。プログラミングを学ぶだけでなく、金属のパーツを組み立てながらロボットや動くメカの構造も学ぶことができます。

主に、プログラミングを学ぼうとする子供向けに作られていて、ビジュアルプログラミング環境をベースとしたツール「mBlock」でプログラミングをします。

mBotを使ったロボットコンテストの世界大会 「makex」も開催されるほど、世界中で注目が集まっています。
「MakeX」とは、STEAM教育ソリューション企業Makeblock社が中心となり、青少年の創造性や仲間と協力して課題を解決していく力などの育成の目的として、開催されている世界的なロボットコンペティションです。

子どもの【受講時間・受講料】はこちら
大人の【受講時間・受講料】はこちら

☆無料体験受付中☆
※ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

 

 

カテゴリー: カリキュラム

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。